幼児保育学専攻 社会人・職業人特別入学制度 | 人間生活科学研究科 | 大学院 | 名古屋経済大学

大学院 人間生活科学研究科

幼児保育学専攻 社会人・職業人特別入学制度

生涯にわたり高度の知識・技術を修得したいという社会のニーズに応えるため、社会人・職業人を対象として小論文や面接等を重視した特別の入学者選抜の制度です。本学人間生活科学研究科では、幼児保育学専攻と栄養管理学専攻ではその出願資格が異なります。

<幼児保育学専攻>

次の各号のいずれかに該当する者

  1. 大学を卒業した者(大学院入学時に卒業後2年を経過していること)
  2. 「幼稚園教諭免許」等の教育職員免許または、「保育士資格」を有し、かつ幼稚園等の「教諭」または保育所等の「保育士」としての実務経験を短期大学卒業者については4年以上、大学卒業者については2年以上有する者
  3. 「幼稚園教諭免許」等の教育職員免許または、「保育士資格」を有し、かつ幼稚園等の「教諭」または保育所等の「保育士」としての実務経験を4年以上有する者で、本大学院における個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者

※出願資格3(短期大学、高等専門学校、専修学校等の卒業者)により「個別の入学資格審査」を希望する場合は、2017年12月15日(金)までに本学入試広報部に申し出てください。(審査書類は返還しません。)



↑pagetop