栄養管理学専攻 修士課程の特色 | 人間生活科学研究科 | 大学院 | 名古屋経済大学

大学院 人間生活科学研究科

栄養管理学専攻 修士課程の特色

高度専門職業人の養成

「人間の心・身体・栄養」を総合的に研究するカリキュラムを設置して病気を予防し、健康を維持する食生活の実現を目指し、食物の栄養・機能・安全をはじめ、現代の食に関わるさまざまな問題を研究して知識を深めます。

社会人・職業人特別入学制度

大学・短大を卒業した社会人・職業人にも入学資格を広げています。

※出願には「管理栄養士免許」の取得(取得見込み者も含む)。栄養士または管理栄養士としての実務経験(短大卒業者は5年以上。大学卒業者は2年以上)が必要になります。

長期履修学生制度を導入

社会人・職業人のために、2年間の学費でじっくり3年間で学ぶことができます。

修士(栄養管理)の取得

理論的知識や能力を基盤とした、実務に応用できる力を修得するため、臨床栄養センター、臨床栄養実習室、栄養・食品研究室などの充実した環境で資格取得ができます。

栄養教諭専修免許の取得

充実した環境で資格取得ができます。

臨床実践・地域連携

学内の臨床栄養センターを活用した「地域連携プログラム」で地域住民へ栄養に関わる改善プランの立案から実施・評価を実践し実践力を養うと共に幅広い医療機関や企業との連携による実習が用意されています。

3つのモデル

「医療・保健系モデル」と「食品・栄養系モデル」、「栄養教諭専修」を設定し、より高度な研究能力と知識を持つ人材の育成を目的に、徹底した個人指導を実施して最先端の知識・技術を身につけます。

修士論文論題一覧

これまでの修了生が執筆した修士論文のテーマの抜粋です。



↑pagetop