教員紹介相澤 恵美子

相澤 恵美子 Emiko Aizawa

教員写真
所属 大学院 人間生活科学研究科 栄養管理学専攻/人間生活科学部 管理栄養学科
職名 教授
学位 博士 (医学)
専門分野 応用栄養学
研究室 1号館 4階 1411室
E-Mail eaizawa
最終学歴 東北大学大学院医学系研究科医科学専攻博士課程
略歴(職歴) 2012年 東北大学大学院医学系研究科医科学専攻博士課程修了
2012年 桜の聖母短期大学 准教授
2013年 国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部 流動研究員(現在:客員研究員)
2017年 名古屋経済大学 人間生活科学部 教授

教育・研究テーマ

研究テーマ (1)腸内細菌-脳-腸相関
(2)過敏性腸症候群の遂行機能における神経基盤の解明
(3)腸管免疫と栄養
(4)脳機能及び脳構造と栄養
(5)ストレスおよび精神疾患と栄養
(6)耐糖能と腸内細菌
担当科目 応用栄養学Ⅰ、Ⅱ、応用栄養学演習、応用栄養学実習、臨床栄養学Ⅰ
ゼミテーマ (1)ライフステージの栄養学
(2)精神栄養
(3)腸内細菌―脳-腸相関と栄養

著作・活動

主な著書・論文

    論文

    1. Aizawa E, Tsuji H, Asahara T, Takahashi T, Teraishi T, Yoshida S, Koga N, Hattori K, Ota M, Kunugi H (2019). Bifidobacterium and Lactobacillus Counts in the Gut Microbiota of Patients With Bipolar Disorder and Healthy Controls. Front Psychiatry, 18;9:730.
    2. Emiko Aizawa, Hirokazu Tsuji, Takashi Asahara, Takuya Takahashi, Toshiya Teraishi, Sumiko Yoshida, Miho Ota, Norie Koga, Kotaro Hattori, Hiroshi Kunugi (2016). Possible association of Bifidobacterium and Lactobacillus in the gut microbiota of patients with major depressive disorder. Journal of affective disorder, 15;202:254-7.
    3. 相澤恵美子・石田一希・太田深秀・佐藤晋爾・朝田 隆・功刀 浩 (2015) "大型自然災害後のうつ病諸相 災害による食生活変化とうつ病". Depression Frontier; 13, 81~87.
    4. Aizawa E, Sato Y, Kochiyama T, Saito N, Izumiyama M, Morishita J, Kanazawa M, Shima K, Mushiake H, Hongo M, Fukudo S (2012). Altered cognitive function of prefrontal cortex during error feedback in patients with irritable bowel syndrome, based on FMRI and dynamic causal modeling. Gastroenterology; 143, 1188-1198.
    5. Yasuhiro Sato, Naohiro Saito, Atsushi Utsumi, Emiko Aizawa, Tomotaka Shoji, Masahiro Izumiyama, Hajime Mushiake, Michio Hongo (2012). Neural Basis of Impaired Cognitive Flexibility in Patients with Anorexia Nervosa. PLoS ONE; 10;8(5): e61108.
    6. Sato N, Suzuki N, Sasaki A, Aizawa E, Obayashi T, Kanazawa M, Mizuno T, Kano M, Aoki M, Fukudo S (2012). Corticotropin-Releasing Hormone Receptor 1 Gene Variants in Irritable Bowel Syndrome. PLoS ONE; 7(9), e42450.
    7. 相澤恵美子、佐藤康弘、河内山隆紀、森下城、斉藤尚洋、泉山昌浩、虫明元、福土審 (2010). 過敏性腸症候群におけるSet Shift時の脳活動及び機能的結合の検討. 東北医学雑誌 122.100-101 
社会的活動/所属学会/実務上の顕著な成果等

<所属学会>

  • 日本心身医学会
  • 日本神経科学会
  • 腸内細菌学会
  • 日本消化器免疫学会
  • 日本免疫学会

<資格>

  • 管理栄養士
  • 社会福祉士

<受賞歴>

  • 第75回 消化器心身医学研究会学術集会 並木賞
  • 第9回 IBS Forum 特別研究奨励賞

その他

学生へのメッセージ ヒトの一生を通して栄養摂取のありようが人生を左右するといっても過言ではありません。妊娠前からの母体の栄養コンディションは児の生涯にわたる健康と深くかかわっていきますし、人生の各ライフステージ(胎児期~高齢期に至るまで)ごとに配慮すべき栄養学的ポイントは変化していきます。成長、発達過程における栄養学的視点を学び、食のスペシャリストとしての学びを深めていきましょう。