教員紹介秋田 郁

秋田 郁 Fumi Akita

所属 大学院 人間生活科学研究科 幼児保育学専攻
人間生活科学部 教育保育学科
職名 教授
学位 音楽修士
専門分野 音楽教育学
研究室 本学 音楽棟 1階
E-Mail f-akita
最終学歴 2001年 武蔵野音楽大学大学院音楽研究科音楽教育専攻
略歴(職歴) 1999年 武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専修卒業
2001年 武蔵野音楽大学大学院音楽研究科音楽教育専攻修了
2001年 高田短期大学非常勤講師
2002年 高田中高等学校教諭
2014年 高田短期大学子ども学科助教
2015年 名古屋経済大学人間生活科学部教育保育学科准教授
2018年 名古屋経済大学人間生活科学部教育保育学科教授

教育・研究テーマ

研究テーマ 音楽教育、サウンドスケープ、ピアノ伴奏法
担当科目

学部

音楽演習ⅠA・ⅠB、音楽表現指導法、音楽、教科教育法(音楽)、専門演習Ⅰ・Ⅱ、幼稚園教育実習Ⅰ・Ⅱ、幼稚園教育実習(事前事後指導)、教職実践演習

大学院

表現文化研究、教科教育法研究(音楽)

ゼミテーマ 教育・保育における音楽活動について

著作・活動

主な著書・論文
  • 「『全米芸術教育標準』が音楽教育にもたらしたもの」武蔵野音楽大学大学院修士課程修士論文 2001年
  • 「サウンドエデュケーションによる自己確立」『高田中学校・高等学校研究紀要』第19号 2005年
  • 「学校音楽教育での日本音楽の必要性」『高田中学校・高等学校研究紀要』第22号 2008年
  • 「子どもの音楽表現育成についての一考察」『高田中学校・高等学校研究紀要』第27号 2013年
  • 「子どもの表現活動を通しての学生の学びについて―保育実習事後アンケートを分析して―」『高田短期大学育児文化研究』第10号 2015年
  • 「小学校における日本伝統音楽についての考察―学習指導要領の変遷に着目して―『教育保育研究紀要』第2号 2016年
  • 「保育者養成校における音楽表現指導について ―幼稚園教育実習後のアンケートから― 」『名古屋経済大学教職支援室報』第1号 2018年
社会的活動/所属学会/実務上の顕著な成果等

社会的活動

  • 平成25年10月 平成25年度第3回2歳児保育研修会講師(津保育所施設長連絡協議会主催)
  • 平成30年2月 犬山市保育士会研修会講師「生活の中の音で遊ぼう」
  • 平成30年8月 あま市社会学習講座講師「唱歌はどこからやってきたのか」
等の活動を行っている。

所属学会

  • 日本音楽教育学会
  • 日本保育学会
  • 日本サウンドスケープ協会
  • 武蔵野音楽教育研究会

演奏会

  • オルガン・ジョイント・コンサート(2001年)
  • 第2回「がん患者とサポーターの集い」フォーラム(2004年)
  • 津市民文化祭 音楽(三曲)部門 (2015年)
等の演奏活動を行っている。

その他

学生へのメッセージ

素敵な先生になるのに必要な能力はなんだと思いますか?ピアノが上手に弾けることでしょうか?絵が上手にかけることでしょうか?子どもの発達過程を知ることでしょうか?どれもみな、大切なことです。しかし、実際に教育・保育現場で、これらの知識技能を生かそうとしたときに必要なものは、コミュニケーション能力ではないでしょうか?子どもや保護者や、同僚と理解しあい、心の通い合う関係になるために必要なコミュニケーション能力を「音」という媒体を介して一緒に考えていきましょう。