教員紹介ウミリデノブ アリシェル

ウミリデノブ アリシェルAlisher UMIRDINOV

教員写真
所属 法学部 / 大学院法学研究科
職名 准教授
学位 法学博士(比較法)
専門分野 国際経済法
研究室 8号館 4階 8402室
E-Mail umirdinov
最終学歴 2012年 名古屋大学大学院法学研究科 博士課程
略歴(職歴) 2013年 ロンドン大学東洋アフリカ学院 外国人研究員
2014年 名古屋大学高等研究院 特任助教
2017年 名古屋経済大学 准教授

教育・研究テーマ

研究テーマ
  • 投資仲裁、中央アジア法
担当科目 国際法、国際経済法
ゼミテーマ

著作・活動

主な著書・論文

著書

  • (単著)Tax Law and Investment Arbitration: Conflict between Domestic Policies and International Obligations of the State on Taxation, Routledge (Taylor and Francis, UK)2017 (Forthcoming)

論文

  1. (単著)ウミリデノブ アリシェル「天然資源に関する国際直接投資紛争における課税主権 : ウズベキスタンを素材として」(博士論文・名古屋大学、平成24年) Japan Institutional Repository Online http://jairo.nii.ac.jp/0002/00014730/en
  2. (共著)林 秀弥 、ウミリデノブ  アリシェル「転換期のウズベキスタン競争法―現状と課題」土田 和博 編著『独占禁止法の国際的執行―グローバル化時代の域外適用のあり方』 259-302頁(日本評論社、平成24年)
  3. (単著)ウミリデノブ アリシェル「投資仲裁における課税紛争—投資受入国の裁量権の保護を中心に—」日本国際経済法学会年報、第22号、191-215頁(平成25年)
  4. (単著)Umirdinov Alisher, Apex of Liberalization in the Era of Resource Nationalism? ~Trends and Developments of Oil and Gas Law and Policy in Uzbekistan~, Jahrbuch für Ostrecht, Vol.55, No.2, pp.281-312(2014)
  5. (単著)Umirdinov Alisher, The End of Hibernation of Stabilization clause in Investment Arbitration: Reassessing Its Contribution to Sustainable Development, Denver Journal of International Law and Policy, The Sutton Colloquium Special Edition,Vol.43, No.4, pp. 455-487(2015)
  6. (単著)Umirdinov Alisher, Sharing Responsibilities on Corruption Allegations in Investor-State Arbitration ~The Contribution of Metal-Tech v. Uzbekistan~, 名古屋大学、法政論集, 第264号、43-83頁(平成27年)
  7. (単著)Umirdinov Alisher, The Impact of Investment Treaty Law on Tax Policies of Host States, Turkish Journal of Legal Studies, Vol.1, No.1, pp.53-75(2016)
  8. (共著)Foziljon Otakhonov, Umirdinov Alisher, Commercial Arbitration in Uzbekistan, in Kaj Hobér and Yaraslau Kryvoi eds. Arbitration in the CIS Region, Kluwer Law International (Forthcoming, 2017)

書 評

  1. (単著)Umirdinov Alisher, The Interpretation of International Investment Law: Equality, Discrimination and Minimum Standards of Treatment in Historical Context (Todd Weiler, Brill | Nijhoff, 2013, 525pp) British Yearbook of International Law 83 (1),pp.187-190 (2013)
  2. (単著)ウミリデノブ アリシェル、Cultural Heritage in International Investment Law and Arbitration (Valtentina Vadi, Cambridge University Press, 2014, 374pp) 日本国際経済法学会年報、第24号、193-197頁(平成27年)

エキスパート・オピニオン

  1. (単独)Umirdinov Alisher, Exxon v Russia: What are the Possible Legal Outcomes?, CIS Arbitration Forum, (27 April 2015)
    http://www.cisarbitration.com/2015/04/27/exxon-v-russia-what-are-the-possible-legal-outcomes/
  2. (単独)Umirdinov Alisher, The case for an Advisory Center for ICSID, Columbia FDI Perspectives, No.175 (6 June 2016)
    http://ccsi.columbia.edu/files/2013/10/No-175-Alisher-FINAL.pdf
社会的活動/所属学会/実務上の顕著な成果等
  • 国際法学会
  • 日本国際経済法学会
  • Asian Society of International Law
  • 北海道大学知的財産法若手研究者論文懸賞入賞
  • Research Institute of Economy, Trade and Industry (RIETI)公的支援の競争中立性をめぐる国際経済法 研究会会員(平成27年〜現在に至る)
  • Executive Editor, Uzbek Journal of Legal Studies (UJOLS)(平成28年5月〜現在に至る)

その他

学生のメッセージ

Boys and girls, let’s be ambitious!

競争的外部資金/講演会等
  1. 科学研究費補助金若手研究(B)(平成28~31年)
  2. Anglo-Japanese Daiwa Foundation Research Fund, “Creating a Favorable Arbitration Climate: Lessons from England and Japan” (with professor Dr.Yaraslau Kryvoi, 2016)
  3. 公益財団法人ヒロセ国際奨学財団 研究助成(平成29~30年)