教員紹介日隈 美朱

日隈 美朱 HIGUMA MIAKE

教員写真
所属 経済学部 現代経済学科
職名 准教授
学位 経済学修士
専門分野 日本経済史、日本経営史、産業史
研究室 8号館 6階 8608室
E-Mail higuma-nori
最終学歴 2017年 京都大学大学院 経済学研究科 博士後期課程 学修認定退学
略歴(職歴) <学歴>
2010年 名城大学 経済学部 産業社会学科 卒業
2012年 名古屋市立大学大学院 経済学研究科 博士前期課程 修了
2017年 京都大学大学院 経済学研究科附属経済資料センター ジュニアリサーチャー
2019年 名古屋経済大学 経済学部 准教授

教育・研究テーマ

研究テーマ ・水産加工品産業(とくにノリ産業)の発展史
・漁業協同組合の経済的機能に関する実地調査
・水産物の取引制度に関する研究
・卸売業に関する研究
担当科目 経済史Ⅰ・Ⅱ、市民生活と経済、基礎演習IA・IB
ゼミテーマ 食品産業の歴史を学び、現代社会の問題を考えよう(基礎演習ⅡB)

著作・活動

主な著書・論文

    論文

  • 「高度経済成長期ノリ産業における生産者組織の経 済的機能-愛知県知多北部理事会の事例-」『名城論叢』17巻第3号(2017年)
  • 「水産加工品産業における流通機構の進展 ―戦前・戦後における海苔共販の成立・定着過程―」『流通』第41号(2018年) ※査読あり
  • 「大久保利通の殖産興業政策と官庸外国人」『人文科学論集』第98号(2019年)※査読あり
社会的活動/所属学会/実務上の顕著な成果等
  • 経営史学会
  • 社会経済史学会
  • 日本流通学会
  • 日本流通学会「第 9 回日本流通学会論文賞」受賞

その他

学生へのメッセージ 曽祖父が漁業会の職員、祖父や親族一同が海苔(のり)漁師であったことがきっかけで、海苔産業の研究を行っています。
「え!?経済学で海苔!?」と、驚かれるかも知れません。
海苔の歴史は長く、遡ると江戸時代になると言われています。しかし産業として急成長したのは、なんと高度経済成長期なのです。
その理由は講義でのお楽しみにするとして、毎年漁期になると、生産者(通称:海苔師)の方々が海苔を養殖・加工し、共販と呼ばれるせりに大勢の卸売業者(海苔商社)が集まり落札され、海苔商社を介してコンビニのおにぎりになったり、スーパーで売られたりしてみなさんの食卓に並ぶのです。
単純な食品の流通だと思われますが、その背後には経済学が潜んでいます。
…なんだか、面白そうでしょ?
少しでも興味を持った名経大の学生のみなさん、日隈(ひぐま)研究室へどうぞ。
東は宮城、西は有明海(佐賀・福岡・熊本)で集めてきた、全国のおいしい海苔を揃えて待っています!