教員紹介水野 有香

水野 有香 Yuka Mizuno

教員写真
所属 経済学部 現代経済学科
職名 准教授
学位 博士(経済学)
専門分野 労働経済学
研究室 8号館 4階 8405室
E-Mail mizuno.yuka
最終学歴 2009年 大阪市立大学大学院経済学研究科 後期博士課程
略歴(職歴) 2003年 名古屋市立大学人文社会学部 卒業
2005年 名古屋大学大学院経済学研究科 博士前期課程 修了 
2009年 大阪市立大学大学院経済学研究科 後期博士課程 修了
2010年 大阪市立大学大学院経済学研究科 特任助教
2011年 名古屋経済大学経済学部 講師 
2014年 名古屋経済大学経済学部 准教授

教育・研究テーマ

研究テーマ
  • 派遣労働を中心とする労働市場論
  • 非正規雇用問題の研究
  • 社会的企業の研究
  • フレキシキュリティの研究
担当科目 戦後日本経済の動き、経済システム論、日本経済論Ⅰ・Ⅱ、市民社会と経済、共生社会の探究、多文化共生の探究Ⅰ、体験型プロジェクト、 基礎演習Ⅱ、専門演習Ⅰ、専門演習Ⅱ 
ゼミテーマ 現代社会における労働(専門演習II)

著作・活動

主な著書・論文
  • 「派遣労働問題の本質:事務系女性派遣労働者の考察から」,藤原千沙・ 山田和代編『労働再審3巻 女性と労働』,大月書店,2011年
  • 「女性非正規労働者とセーフティネット:事務系業務に従事する登録型派遣労働者の実像から」 『市政研究』(大阪市政調査会),第170号,2011年
  • 「事例から見た韓国の社会的企業育成の支援体制」 『研究所報』(名古屋経済大学 消費者問題研究所),第33号,2011年
  • 「日本における派遣労働の位相:労働市場分断論の視点から」 『経済経営論集』(名古屋経済大学 経済・経営研究会),第19巻第1号,2011年
  • 「日本における派遣労働」『社会政策』(社会政策学会),第4巻第2号,2012年
  • 「台湾の障害者雇用と社会的企業」『福祉労働』,第137号,2012年
  • Conditional Convergence of Social Enterprises in Japan and Korea,EMES-SOCENT Conference Selected Papers, ECSP-LG13-58 ,2013(共著)
  • 「外国人消費者への支援インフラと社会的排除リスク」田口義明 編『グローバル時代の消費者と政策』,2014年
  • 「日韓の社会的企業が取り組む居住福祉問題」日本居住福祉学会・大阪市立大学都市研究プラザ共編『居住福祉を切り拓く居住支援の実践』2015年
社会的活動/所属学会/実務上の顕著な成果等
  • 社会政策学会
  • 経済理論学会
  • 日本消費経済学会
  • 日本居住福祉学会
  • 日本NPO学会