教員紹介佐藤 敏昭

佐藤 敏昭 Toshiaki Sato

教員写真
所属 大学院 会計学研究科 (経営学部)
職名 教授
学位 博士(法学)(早稲田大学)
専門分野 監査役監査・内部監査などコーポレートガバナンス全般、企業会計法(制度会計)
研究室 8号館 1階 8107室
E-Mail zsato
最終学歴 1991年 横浜国立大学大学院国際経済法学研究科 修士課程修了
略歴(職歴) 1978年 日本監査役協会勤務
2002年 名古屋経済大学大学院教授に就任、現在に至る
2007年~2016年 明治大学法科大学院兼任講師
2013年 名古屋経済大学大学院会計学研究科長に就任、現在に至る

教育・研究テーマ

研究テーマ 企業情報の開示と監査、監査役監査・内部監査などコーポレートガバナンス全般
担当科目 企業法会計論、監査役監査論、企業会計法
ゼミテーマ 会社法・金商法における企業情報開示制度および監査制度、コーポレートガバナンス全般

著作・活動

主な著書・論文

著書(単著)

  • 「監査役制度の形成と展望」成文堂2010年
  • 「監査役になったら一番初めに読む本」東洋経済2013年
  • 「本当は危ない会社を見抜く技術」東洋経済2009年
  • 改定版・「いまさら人に聞けない有価証券報告書の読み解き方」セルバ出版2014年

著書(共著)

  • 「グローバル企業法会計」税務経理協会2005年
  • 「会社法と中小会社の会計」税務経理協会2006年
  • 「株式会社会計法」信山社2008年
  • 「金融商品取引法と日本の金融・経済・経営」税務経理協会2007年
  • 「会社法におけるコーポレートガバナンスと監査」同文館2008年

主要論文

  • 「社外監査役の役割と監査役制度の課題」長浜洋一先生還暦記念「現代英米会社法の諸相」成文堂1996年
  • 「公開会社における主要株主の議決権」奥島孝康先生還暦記念「現代企業法の形成と展開」成文堂1999年
  • 「株主総会の活性化とIR活動」中村一彦先生古稀記念「株主総会の基本問題」信山社2002年
  • 「監査役会監査報告書の開示機能」酒巻俊雄先生古稀記念「21世紀の企業法制」商事法務2003年
  • 「監査役による企業情報開示体制等の監査」名経法学2009年
  • 「監査役と内部監査部門との連係」日本内部監査協会2011年
  • 「社外監査役の独立性と実効性」奥島孝康先生古稀記念「現代企業法学の理論と実態」成文堂2011年
  • 「会計監査人がいない会社の会計監査」名経法学2013年
  • 「監査役をいかす銀行経営の在り方」金融ジャーナル2014年
  • 「内部監査部門の改正法務省令及びコーポレートガバナンス・コードへの対応」監査研究2015年
社会的活動/所属学会/実務上の顕著な成果等
  • 日本私法学会
  • 日本会計研究学会
  • 日本監査学会
著書「監査役制度の形成と展望」が2010年度日本内部監査協会・青木賞を受賞。
日本監査役協会、商事法務研究会、内部監査協会等で講師を務める。