教員紹介佐藤 豊和

佐藤 豊和 Toyokazu Sato

教員写真
所属 経営学部 経営学科
職名 准教授
学位 修士(法学)
専門分野 会計学、財務会計、税務会計
研究室 5号館 4階 5403室
E-Mail toyokazu-s
最終学歴 2007年 名古屋経済大学大学院法学研究科 博士後期課程
(2018年 神戸大学大学院経営学研究科 博士課程後期課程 在学中)
略歴(職歴) 1994年 慶應義塾大学商学部卒業
2002年 第52回税理士試験官報合格
2003年 税理士登録
2003年 名古屋経済大学大学院法学研究科 助手
2007年 岐阜経済大学大学院経営学研究科 非常勤講師
2009年 中京大学総合政策学部 非常勤講師
2012年 名古屋経済大学講師
2014年 名古屋経済大学経営学部 准教授

教育・研究テーマ

研究テーマ 会計利益情報と租税回避行動の関連性について
担当科目 会計と資金の経営学(基本会計学)、ガバナンスと監査、管理会計と財務分析、体験型プロジェクト「税金のゆくえ」、専門演習IA・B、専門演習IIA・B、卒業研究
財務会計論研究(大学院)、会計学特別研究(大学院)、修士論文(大学院)
ゼミテーマ 会計を通じて現代社会を読み解く力を養おう

著作・活動

主な著書・論文
  • アメリカの監査委員会―日本型コーポレートガバナンスへの適用の方策―(企業法研究第14号)
  • 英国における企業改革の動向―監査・会計問題調整委員会(CGAA)中間報告の概要(産業経理63巻1号)
  • 「英国監査委員会統合規範ガイドライン(翻訳)」(企業法研究第15号)
  • 商法改正と税理士等の付随業務の拡大について―現物出資等財産の証明者制度および会計参与制度の機能と実態―(税務弘報52巻13号)
  • 「グローバル環境会計情報の開示と消費者利益」田口義明 編『グローバル時代の消費者と政策』(民事法研究会、2014年)
  • 英国の中小企業会計制度改革の動向とわが国への示唆(経済経営論集第23巻2号)
社会的活動/所属学会/実務上の顕著な成果等
  • 日本会計研究学会
  • 日本簿記学会
  • 中小企業会計学会
  • 日本経営会計学会
  • 日本税法学会
  • 税務会計研究学会