教員紹介宍戸 圭介

宍戸 圭介 Keisuke Shishido

教員写真
所属 法学部 ビジネス法学科
職名 教授
学位 法学博士
専門分野 憲法学
E-Mail kei-shishido
最終学歴 2013年 岡山大学文化科学研究科 博士後期課程
略歴(職歴) 2002年 岡山大学法学部卒業
2004年 岡山大学法学研究科 修士課程修了
2013年 岡山大学文化科学研究科 博士後期課程修了
2013年 名古屋経済大学法学部 講師
2014年 名古屋経済大学法学部 准教授
2017年 名古屋経済大学法学 教授

教育・研究テーマ

研究テーマ 憲法、生命倫理、医事法
担当科目 憲法I、憲法II、市民生活と健康、国家と法など

著作・活動

主な著書・論文

著書

  • 粟屋剛・山下登・宍戸圭介・加藤穣 編著『生命倫理学講義スライドノート/医療と法 第3版』(2016年、ふくろう出版)(共著)
  • 加藤良夫 編『実務 医事法講義〔第2版〕』(2014年、民事法研究会)(共著)

論文

  • 「臓器売買に関与した患者の診療を拒否することは法的・倫理的に正当か?」人権教育研究9巻41頁(2009年)
  • 「臓器移植法における遺族摘出拒否要件に関する憲法学的考察」岡山大学大学院社会文化科学研究科『文化共生学研究』9号41頁(2010年)
  • 「臓器移植法制におけるフランスの推定同意方式に関する検討」岡山大学大学院社会文化科学研究科『文化共生学研究』10号131頁(2011年)
  • 「中華人民共和国母嬰保健法にみる「優生優育」政策」『生命倫理』23巻1号125頁(2013年)(于麗玲らとの共著)
  • 「A Questionnaire Study on Attitudes toward Birth and Child-rearing of University Students in Japan, China,and South Korea.」(共著、 Acta Medica Okayama, 68(4), 207-218, 2014)
  • 「臓器移植法の遺族の法的役割に関する一考察:憲法学的視点から」法哲学年報2014,234頁(2015年)

判例評釈

  • 「治療中止における本人の同意と家族の要請-川崎協同病院事件(最高裁第三小法廷平成21.12.7決定、判時2066号159頁)」岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要30号39頁(2010年)
社会的活動/所属学会/実務上の顕著な成果等
  • 日本法哲学会
  • 日本生命倫理学会
  • 日本医学哲学・倫理学会
  • 日本法政学会
  • 日本人権教育研究学会
  • 日本医事法学会
  • 日本公法学会