法学会 | 学術研究センター | 研究機関 | 名古屋経済大学

研究機関

学術研究センター 法学会

会長 : 辻田 芳幸  会員数 22名

大学・短大で法学を専攻したり、法学に関心を持つ教員・学生で構成されています。機関紙「名経法学」を発行し、学内外の研究者、実務家による研究会・講演会を開催しています。

機関紙掲載の論文等については、本学リポジトリで公開中。公開されている巻号はリポジトリで確認してください。

2014年度研究組織活動報告

[1] 機関誌

名経法学 第36号 2015年3月[石井文廣教授・富岡仁教授・樋口徹教授退任記念号]
【論説】
岡野 秀生 イギリス法における会計監査役の対第三者責任について
高田 尚彦 フランスにおける労務出資
Takashi MIYAZAKI How to solve East Asia's Island Disputes, in particular the one over the Senkaku Islands
【研究ノート】
清水 裕樹 LOMBROSOと神経科学ー両者の連続性への言及をめぐって
【翻訳】
石井 文廣 中華人民共和国手形法
黄 一帆

石井 文廣教授 略歴・研究業績
富岡 仁教授 略歴・研究業績
樋口 徹教授 略歴・研究業績

[2] 研究会

第1回研究会
日時 2015年2月25日(水)
会場 7号館7D5演習室
報告者 宍戸 圭介(名古屋経済大学准教授)
テーマ 視察報告「慈恵病院および熊本市児童相談所」

[3] 講演会

日時 2014年10月31日(金)
会場 7号館7E2教室
講師 青山 玲弓氏(名古屋第一法律事務所)
久野 由詠氏(名古屋第一法律事務所)
小島 寛司氏(名古屋E&J法律事務所)
堀江 哲史氏(名古屋第一法律事務所)
矢﨑 暁子氏(名古屋北法律事務所)
テーマ 「ブラックバイトにどう対応するか」


↑pagetop