管理栄養学科の学生が考案した「犬山ドッグ」をクリスマスプレゼント! | 名古屋経済大学 新着情報

管理栄養学科の学生が考案した「犬山ドッグ」をクリスマスプレゼント!

12月25日(火)

今年の夏休み期間中に犬山市教育委員会より、
市内の小中学生を対象に給食にしたい
「犬山ドッグ」の応募を呼び掛けたところ1860作品の応募がありました。

この1860作品の応募の中から選考会にて選ばれた
「わん丸君大賞(最優秀賞)」受賞者の自宅を12月25日(火)に訪問し、クリスマスプレゼントとして、
管理栄養学科 倉橋ゼミの学生が考案した「犬山ドッグ」をプレゼントしました。

プレゼントを受け取った受賞者は、「とてもかわいい。全部食べたくなる。」と感想を述べていました。

この企画は犬山商工会議所との産学連携で行ったもので、
参加した学生たちは、ドッグの中にサンタやクリスマスツリー、
犬山市の公式キャラクターわん丸君を登場させるなど、
受賞者に喜んでもらえるよう試行錯誤しながらも調理工程に工夫を凝らしていました。
なお、食材や調味料、ケースなどは市内の団体・企業よりご協力をいただきました。

 ========【犬山ドッグとは】========
特産品開発を通じた地域活性化を目的に、
犬山商工会議所特産品開発実行委員会が考案しました。

全国の自治体の中で「犬」が名称に付くのは犬山市が唯一であり、
パンに挟んで食べる「ドッグ」と犬山市の「犬」とを掛け合わせ
「犬山ドッグ」と命名されました。

市内の多数の飲食店でそれぞれの「犬山ドッグ」を食べることができます。

↑pagetop