2018(平成30)年度 体験型プロジェクトプラン(R)  「らしさを生み出すブランドづくりを企業と共に考える」 最終プレゼンテーション大会 - MEIKEI NAVI - 名古屋経済大学

2018(平成30)年度 体験型プロジェクトプラン(R)  「らしさを生み出すブランドづくりを企業と共に考える」 最終プレゼンテーション大会

2019.1.15(火)
本学の犬山キャンパスにて本プロジェクトの最終プレゼンテーション大会を行いました。
本プロジェクトを通してこれまで学んだのは次の通りです。
①企業と消費者の視点から見たブランドの定義、②4つのブランド価値構造、
③大企業と中小企業のブランディングの違いとその重要性、
④株式会社ニックスと株式会社中島大祥堂のブランディングの事例。

 

本プロジェクトのメンバーたちは、それぞれチーム皆一丸となって切磋琢磨し合いながら、
上記の学習を最大限に活用し、学生目線でユニークかつ個性的な価値提案を行いました。
それらは、①株式会社ニックスの「虫がイヤがる網やテープ」と株式会社中島大祥堂の「Hitotoe(ひととえ)」
「DANKE(ダンケ)」といった商品に対する価値提案をはじめ、
②自分の趣味(ボードゲーム)から思いついた新規事業への価値提案、
③部門横断的な交流会や社員のモチベーションを促すことで、組織の活性化の向上につながる価値提案でした。

 

最終プレゼンテーション大会の審査は、次の6つの基準で評価していただきました。その評価基準は、
①分析力、②チームワーク力、③PPTの魅せ方、④プレゼンテーション力、⑤提案力、⑥実行可能性です。
審査員は、企業の関係者の方々だけではなく、1・2年前に本プロジェクトで優秀な成績を収めた
4年生の学生3名も加わっていただきました。

                                                                                                        

本プロジェクトの目的と目標の達成に向けて、多大なるご協力いただいた
株式会社ニックスの青木 一英社長をはじめ、神田 雄介室長、中山 厳事業部長、柴田 翔平副長、
そして株式会社中島大祥堂の中島 慎介社長と手塚 慎二本部長に、この場を借りて改めて深く感謝申し上げます。
また、最後まで一生懸命頑張ってくれた本プロジェクトメンバー全員にも感謝いたします。

~下記のPDF資料は、最終プレゼンテーション大会&修了証書授与式の内容をまとめたものなので、ご覧ください~
最終プレゼンテーション大会&修了証書授与式(クリックで資料が開きます)

 

担当教員 経営学部 徐 誠敏(ソ ソンミン)先生 李 美善(イ ミスン)

一人暮ノススメ

名古屋経済大学は一人暮らしでも安心。それには4つの理由があるんです!

MEIKEIへのアクセス

「名経の1時限目の授業開始は9:30。1時限目に間に合うには何時の電車に乗ればいいの?」 そんな疑問にお答えします!!

資料請求

大学案内をインターネットから無料で請求できます。