【2019在学生インタビュー】 ジャリロブ アクバルさん(会計学研究科 博士後期課程 ) - MEIKEI NAVI - 名古屋経済大学

【2019在学生インタビュー】 ジャリロブ アクバルさん(会計学研究科 博士後期課程 )

1)日本留学の目的

私が日本に留学した目的は大きく2つあります。ひとつは「日本の経済発展」について学ぶことです。私は学生時代、世界の先進国の経済成長率や世界企業ランキングについて学んできました。日本で平成の時代が始まった頃、世界企業ランキングのトップ20社のうち、日本の企業が14社を占めました。私は「なぜ」という素朴な疑問をぜひ解明したいと思い、調査をしました。しかし残念ながら納得できる答えを見つけることができませんでした。そこで、母国の大学を卒業後、日本に留学し、日本の経済について学びたいと強く思うようになりました。

もう1つは「日本の社会」について学ぶことです。日本留学を経験して帰国した友人から、「日本はルールの国である」ということをよく聞きました。例えば日本では当たり前のことかもしれませんが、「日本人は約束をしっかり守る」ことや、「赤信号では車が来なくても道路を渡らない」ことなどです。友人からの話は日本社会を自分の目で見たことがなかった私にとってまるで夢物語のように感じました。話を聞くうちに日本の経済だけではなく、日本社会の特徴を知りたい、経験したいという思いが強くなり、留学を決めました。

1) Purposes of studying in Japan

There are two main purposes that I wanted to gain through studying abroad in Japan. The first is to learn about “Japanese economic development”. When I was a student, I learned about the economic growth rates of the world’s developed countries and the world company rankings. When the Heisei era began in Japan, Japanese companies were accounted for 14 of the top 20 global companies in over the world.  Furthermore, I wanted to solve the naive question “why” and did a survey. But unfortunately, I couldn’t find a reasonable answer. So, after graduating from a university in my home country, I studied abroad in Japan and I strongly felt that I wanted to learn about the Japanese economy.

The second is to learn about “Japanese society”. I often heard that “Japan is the ruling country” from a friend who returned to Japan after having studied in Japan. For example, in Japan it may be natural, but “Japanese people keep their promises firmly” and “Red lights do not cross the road even if the car does not come”. The story from a friend felt like a dream story for me who had never seen Japanese society with my own eyes. As I listened to the story, I decided to study abroad as I wanted to learn not only the Japanese economy but also the characteristics of Japanese society and want to experience it.

2)これまでの学習状況と今後の目標

私は2017年4月に本学大学院博士前期課程に入学後、積極的に学会発表や研究会参加、論文作成などに力を入れて取り組んできました。例えば9月には「持続可能な開発目標」をテーマにしたセミナーに参加しました。また、11月には日本国際開発学会の一員として、全国大会で発表しました。さらに、同時期に開催されたエジプトでの若者国際フォーラムに参加し、意見交換を行いました。

今後の目標は、本年度より入学した博士後期課程の学生として、国際的な学会で発表や論文投稿をしたり、博士論文を完成するためにさらに調査、研究を行っていきたいと考えています。

そして、卒業後はグローバルに展開する日本企業に入社し、世界の人々の豊かな暮らしに貢献していきたいと考えています。

2) Current learning situation and future goals

After enrolling in the graduate school of the Nagoya University of Economics in April of 2017, I have been actively working on conference presentations, research meetings, and dissertation writing. For example, in September we participated in a seminar on the theme of “Sustainable Development Goals”. Also, as a member of the Japan Society for International Development, in November, I gave my presentation at a national convention. Besides, at the same time, we participated in the youth international forum in Egypt and exchanged opinions.

My future goal is, as a doctoral student enrolled from this year, I would like to present and submit articles at international conferences and to conduct further research and research to complete my doctoral dissertation.

After graduation, I would like to join a globally expanding Japanese company and contribute to the well-being of people around the world.

3)大学院進学希望者へのアドバイス

大学院に進学して、専門分野の研究を深めたいと希望する学生は、ぜひ本学大学院に進学することをおすすめします。

本学大学院では、専門分野の研究はもちろんのこと、奨学金や就職活動のサポートも充実しており、先輩たちも優しく接してくれます。ぜひ迷わずに本学に進学してください。

 

 3) Advice for prospective graduate students

If you wish to go on to graduate school and wish to deepen your research, we strongly recommend that you pursue your study at graduate school at the Nagoya University of Economics.

Our graduate school offers not only research in specialized fields, but also support for scholarships and job hunting activities, and our seniors will be kind to you. Please do not hesitate to advance to this university.

一人暮ノススメ

名古屋経済大学は一人暮らしでも安心。それには4つの理由があるんです!

MEIKEIへのアクセス

「名経の1時限目の授業開始は9:30。1時限目に間に合うには何時の電車に乗ればいいの?」 そんな疑問にお答えします!!

資料請求

大学案内をインターネットから無料で請求できます。