大学案内

教員紹介

中村 裕昭

Hiroaki Nakamura

所属 人間生活科学部 管理栄養学科
職名 特任教授
学位 文学修士
専門分野 英語学、言語学
研究室 8号館 5階 8505室
E-Mail

hiroaki.nakamura◆nagoya-ku.ac.jp  ※「◆」を「@」に変えてお使いください。

最終学歴 神戸市外国語大学大学院修士課程外国語学研究科修了
京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学
略歴(職歴) 昭和60年 4月 京都大学文学部 研修員(昭和60年12月まで)
昭和61年 1月 海上保安大学校外国語講座 助手(昭和61年12月まで)
昭和62年 1月 海上保安大学校外国語講座 講師
平成3年 4月 海上保安大学校外国語講座 助教授
平成14年 4月 海上保安大学校外国語講座 教授
平成16年 4月 海上保安大学校基礎教育講座 教授
平成24年 3月 弘前大学国際交流センター 教授・副センター長
平成25年 4月 弘前大学国際教育センター 教授・副センター長
平成27年10月 弘前大学教育推進機構教養教育開発実践センター 教授
令和2年 4月~ 現職

教育・研究テーマ

研究テーマ 日本英語学会、言語科学会、言語処理学会、全国語学教育学会
担当科目 英語ライティング、スキルアップ英語
ゼミテーマ 異文化交流・英語コミュニケーション

著作・活動

主な著書・論文
著書
  • 『現代言語学の射程』(共著。英宝社。2000年)
  • 『New Frontiers in Artificial Intelligence: JSAI 2005 Conference -Lecture Notes in Artificial Intelligence (人工知能の最前線)』(共著。Springer Verlag。所収論文”Processing of Information Structure and Floating Quantifiers in Japanese”, pp. 103-110)。2007年)
  • 『New Frontiers in Artificial Intelligence: JSAI 2007 Conference and Workshops -Lecture Notes in Artificial Intelligence(人工知能の最前線)』(共著。Springer Verlag。所収論文”Left-Peripheral and Sentence-Internal Topics in Japanese”, pp. 160-173)。2008年。)
  • 『New Frontiers in Artificial Intelligence: JSAI 2008 Conference and Workshops-Lecture Notes in Artificial Intelligence (人工知能の最前線))』(共著。Springer Verlag。所収論文”Multiple Subject Construction in Japanese: A Dynamic Syntax Approach”, pp. 103-118。)2009年)
  • 『New Frontiers in Artificial Intelligence JSAI 2010 -Lecture Notes in Artificial』(共著。Springer Verlag。所収論文” Binding and Relational Nouns and the Variable-free Semantics”, pp. 60-74。)2011年)
  • 『Formal Approaches to Semantics and Pragmatics–Japanese and Beyond』(共著。Springer Verlag。2014年)
  • 『現代意味論入門』(共著。くろしお出版。2016年)
  • 『New Frontiers in Artificial Intelligence JSAI 2017 -Lecture Notes in Computer Science』(共著。Springer Verlag。所収論文 “Discontinuity in Potential Sentences in Japanese”, pp. 314-330。) 2018年)
学術論文(査読付きのみ)
  • 「可能構文における格交替現象について」日本語科学7, pp. 133-144. 国立国語研究所。(2000年)
  • 「多重主格構文の派生と解釈」日本語科学12, pp. 72-95, 国立国語研究所。(2002年)
  • 「Case Alternations in Potential Constructions in Japanese and their Semantic Implications」Proceedings of 12th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation, pp. 182-183。(1998年)
  • 「On Case Alternation Phenomena: A Categorial Approach」Proceedings of 14th Pacific Asia Conference on Language, pp.261-272.(2000年)
  • 「Double Subject, Double Nominative Object and Double Accusative Object Constructions in Japanese and Korean」 Proceedings of 16th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation, the Korean Society for Language and Information, pp. 358-369.(2002年)
  • 「Relational Nouns as Anaphors」 Proceedings of 16th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation, the Korean Society for Language and Information, pp. 358-369. (2004年)
  • 「Processing of Information Structure and Floating Quantifiers in Japanese」Proceedings of the Second International Workshop on Logic and Engineering of Natural Language Semantics. pp. 51-64.(2005年)
  • 「Topic-Comment Articulation in Japanese: A Categorial Approach」Proceedings of the 20th Paricif Asia Conference on Language, Information and Computation, Tsinghua University Press, pp. 198-205. (2006年)
  • 「Two Types of Complex Predicate Formation: Japanese Passive and Potential Verbs」Proceedings of 21st Pacific Asia Conference on Logic, Language and Information, Korean Society for Language and Information. pp. 340-348. (2007年)
  • 「Left-Peripheral and Sentence-Internal Topics in Japanese」Proceedings of the Fourth International Workshop on Logic and Engineering of Natural Language Semantics. LENLS 2007, pp. 220-233. (2008年)
  • 「Multiple Subject Construction in Japanese: A Dynamic Syntax Approach」Current Issues in Unity and Diversity of Languages: Collection of the Papers selected from the CIL 18, pp. 261-275, Korean Linguistic Society. (2009年)
  • 「A Compositional Approach to the Topic-Comment Articulation in Japanese」Proceedings of the Sixth International Workshop of Logic and Engineering of Natural Language Semantics LENLS 6, pp. 59-70. (2009年)
  • 「Japanese Indefinites as Epsilon Terms」 Proceedings of the Sixth International Workshop of Logic and Engineering of Natural Language Semantics (LENLS 6), pp. 59-70. (2009年).
  • 「On the Scope Interaction of Japanese Indefinites: An Epsilon Calculus Approach(査読付)」 Proceedings of the 23rd Pacific Asia Conference on Language, Information and computation, PACLIC Vol.1, pp. 269-277. (2009年).
  • 「Binding of Relational Nouns and the Variable-free Semantics」 Proceedings of the Seventh International Workshop of Logic and Engineering of Natural Language Semantics (LENLS 7), pp. 59-70. (2010年)
  • 「Topicalization and Truth Conditions: A Categorial Grammar Approach」 Proceedings of the 24th Pacific Asia Conference on Language, Information and computation, pp. 251-260. (2010年)
  • 「A Type-Logical Approach to Potential Consructions in Japanese」 Proceedings of the 31st Pacific Asia Conference on Language, Information and computation, pp. 42-49. (2018年)
社会的活動/所属学会/
実務上の顕著な成果等
所属学会
  • 日本英語学会 会員(現在に至る)
  • 言語科学会 会員(現在に至る)
  • 言語処理学会 会員(現在に至る)
  • 全国語学教育学会(JALT)