大学案内

教員紹介

久我 アレキサンデル

Alexander KUGA

所属 人間生活科学部 教育保育学科 大学院 人間生活科学研究科 幼児保育学専攻
職名 准教授
学位 修士(人間発達学)
専門分野 体育科教育学、スポーツ国際開発学
研究室 3号館4階 3404室
E-Mail

alexander.kuga◆nagoya-ku.ac.jp  ※「◆」を「@」に変えてお使いください。

最終学歴 愛知県立大学大学院 人間発達学研究科 博士後期課程
略歴(職歴) 2014年 愛知県立大学大学院人間発達学研究科博士前期課程 修了
2014年 岐阜協立大学 非常勤講師
2017年 愛知県立大学大学院人間発達学研究科博士後期課程 単位取得満期退学
2017年 愛知県立大学 非常勤講師
2020年 名古屋経済大学 准教授

教育・研究テーマ

研究テーマ ペルーにおける学校体育カリキュラム開発に関する研究
担当科目 【学部】教科教育法(体育)、幼児体育、体育、健康指導法、レクリエーション理論、専門演習Ⅰ、など 【大学院】表現文化研究、教科教育法研究(体育)
ゼミテーマ 幼・小体育について(子ども理解、授業づくり、教材開発、歴史、指導方法などなど)

著作・活動

主な著書・論文
論文
  • 「中学校『体育理論』における『キー・コンピテンシー』― 中学校学習指導要領に着目して―」(共著)、岐阜経済大学論集、第48巻2-3号,pp.37-46、2015年3月
  • 「ペルーにおける学校体育の制度的な位置付け―近年の包括的な政策および制度から―」(単著)、人間発達学研究,第7号,pp.65-78、2016年3月
  • 「幼児期における定位能力・分化能力の発達的特性:投・跳動作に着目して」(共著)、発育発達研究,第70号, pp.36-47、2016年3月
  • 「生涯スポーツにつながるペルーの学校体育開発の試み―TENNIS 10’sプログラムの検討を通して―」(単著)、岐阜経済大学論集,50巻2号, pp.55-64、2016年12月
  • 「幼児期の投運動における定位能力・分化能力の発達的特性―運動遊びの介入が与える効果に着目して―」(共著)、スポーツ健康科学研究(東海体育学会)、39巻、pp.9-17、2017年12月
  • 「技能下位児童への水泳指導に関する研究-「浮くこと」を基礎技術とした小学校3年生の水泳実践から―」(共著)、和歌山大学教育学部紀要,教育科学68巻1号, pp.159-168、2018年1月
  • 「中学校体育におけるカリキュラム開発過程に関する事例研究―四海久富による3年間のカリキュラムづくりに着目して―」(共著)、2020年3月,岐阜協立大学論集, 53巻3号、2020年3月
社会的活動/所属学会/
実務上の顕著な成果等
社会的活動
  • 2016年 独立行政法人日本スポーツ振興センター【スポーツ庁委託事業】「ペルーに対する体育教師の能力開発支援」事業 外部協力者
  • 2017年 陸上競技アジア選手権大会(インド、ブハネシュワール)日本代表選手団コーチ
  • 2018年 文部科学省「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)」パイロット事業「日本型体育科教育の世界への展開~レッスン・スタディを活用したペルーの体育教員研修システムの構築~(ペルー)」外部協力者
所属学会
  • 日本体育学会
  • 東海体育学会
  • 日本体育科教育学会
  • 日本発育発達学会
  • 日本スポーツ教育学会
  • 日本運動・スポーツ科学学会
実務上の顕著な成果等
  • 2012年 第96回日本陸上競技選手権大会 800m 7位入賞
  • 2012年 第67回国民体育大会 ぎふ清流国体 800m 5位入賞
  • 2013年 ペルー陸上競技選手権大会(CAMPEONATO NACIONAL CATEGORIA MAYORES 2013) 800m 優勝
  • 2013年 南米陸上競技選手権大会(コロンビア、カルタヘナ) 出場(ペルー代表)
  • 2018年 国際健康・スポーツ分科会第16回大会 研究発表 奨励賞受賞(演題:「近年のペルーにおける学校体育開発の動向-ナショナル・カリキュラムの改定にあたって-」)