大学案内

教員紹介

夏目 有紀枝

Yukie Natsume

所属 人間生活科学部 管理栄養学科
職名 准教授
学位 修士(健康科学)
専門分野 応用栄養学、臨床栄養学
研究室
E-Mail

natsume-y◆nagoya-ku.ac.jp  ※「◆」を「@」に変えてお使いください。

最終学歴 名古屋大学大学院医学系研究科 医学博士課程
略歴(職歴) 1990年     都留文科大学文学部英文学科 卒業
1990~1991年 株式会社サイエンスハウス 出版編集部
1991~1993年 株式会社HBCメディアクリエート(HBC北海道放送報道部配属)
1993~2004年 フリーライター(ラジオ放送作家、旅行雑誌ライター)
2008年     中京女子大学健康科学部栄養科学科 卒業
2010年     中京女子大学大学院健康科学研究科健康栄養学系修了
2014年     名古屋大学大学院医学系研究科健康スポーツ医学分野 医学博士課程 単位取得満期退学
2015~2020年 名古屋大学総合保健体育科学センター 糖尿病運動機能代謝学寄附研究部門 助教
2019年~    金城学院大学生活環境学部食環境栄養学科 非常勤講師
2020~2021年 金城学院大学消費生活科学研究所 客員研究員
2020~2021年 名古屋経済大学人間生活科学部管理栄養学科 非常勤講師
2021年~    名古屋経済大学人間生活科学部管理栄養学科 准教授

教育・研究テーマ

研究テーマ ・生活習慣病予防のための食事および運動習慣
・高齢者における運動療法の効果
担当科目 応用栄養学Ⅰ、応用栄養学Ⅱ、応用栄養学実習、応用栄養学演習、臨床栄養学Ⅰ
ゼミテーマ 各ライフステージにおける健康増進のための生活習慣

著作・活動

主な著書・論文
論文
  • Eicosapentaenoic acid enhances skeletal muscle hypertrophy without altering the protein anabolic signaling pathway. Physiol Res. 70:55-65, 2021.
  • Higher and lower muscle echo intensity in elderly individuals is distinguished by muscle size, physical performance and daily physical activity. Ultrasound in Med. & Biol. 45:2372-2380, 2019.
  • Effects of prior chronic aerobic exercise on overload-induced skeltal muscle hypertrophy in mice. Physiol Res. 67:765-775, 2018.
  • Effects of long-term treatment of linagliptin on glycemic control in Japanese patients with type 2 diabetes. Int J Pharmacol. 14:1153-1159, 2018.
  • Effects of concomitant administration of sodium glucose cotransporter 2 inhibitor with insulin on hemoglobin A1c, body mass index and serum lipid profile in Japanese type 2 diabetic patients. Drug Res(Stuttg). 68:669-672, 2018.
  • Effects of concomitant administration of dipeptidyl peptidase-4 inhibitor in Japanese patients with type 2 diabetes showing relatively good glycemic control under treatment with sodium glucose co-transpoter2 inhibitor. Drug Res(Stuttg). 68:704-709, 2018.
  • The beneficial effects of the DPP-4 inhibitor alogliptin on hemoglobin A1c and serum lipids in Japanese patients with type 2 diabetes. Drug Res(Stuttg). 66:18-22, 2016.
  • Luseogliflozin, a sodium glucose co-transporter 2 inhibitor, alleviates hepatic impairment in Japanese patients with type 2 diabetes. Drug Res(Stuttg). 66:603-606, 2016.
  • DPP-4 inhibitor teneligliptin improves insulin resistance and serum lipid profile in Japanese patients with type 2 diabetes. Drug Res(Stuttg). 65:532-534, 2015.
  • Effects of angiotensin II AT1 receptor inhibition and exercise training on insulin action in rats on high-fat diet. Life Sciences. 90:322-327, 2012.
  • 高果糖食負荷ラットでのインスリン作用に対するアロプリノールの影響. 総合保健体育科学. 35:23-27, 2012.
  • BMI30 kg/m2以上の若年肥満男性の食事および身体活動の特徴. 総合保健体育科学. 35:35-40, 2012.
  • 高果糖食ラットでのスーパーハイブリッドガス充填水によるインスリン抵抗性改善効果. 総合保健体育科学. 34:1-4, 2011.
社会的活動/所属学会/
実務上の顕著な成果等
所属学会
  • 日本体力医学会
  • 日本サルコペニア・フレイル学会
  • 日本肥満学会

学生へのメッセージ

授業では、管理栄養士国家試験対策はもちろん、皆さん自身が健康で幸せな人生を送っていくために役立つ知識を身に付けていただくことを目標にしています。ゼミでは、興味や好奇心、「よく考える」ということを大切にして研究に取り組んでいきましょう。