大学案内

教員紹介

牛山 隆一

Ryuichi USHIYAMA

所属 経済学部 現代経済学科
職名 教授
学位 修士(国際経済学)
専門分野 国際・アジア経済、国際経営・多国籍企業
研究室
E-Mail

ushiyama-r◆nagoya-ku.ac.jp  ※「◆」を「@」に変えてお使いください。

最終学歴 2008年 青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修了
略歴(職歴) 1985年 慶応義塾大学経済学部卒業
1985年 日本経済新聞社入社
1987年 シンガポール特派員
1998年 ハノイ支局長(ベトナム)
2009年 シンガポール支局長
2011年 公益社団法人日本経済研究センター主任研究員  (~2022年)
2019年 都留文科大学非常勤講師(~2021年)
2022年 名古屋経済大学教授

教育・研究テーマ

研究テーマ ASEAN多国籍企業、ASEAN諸国の貿易・投資
担当科目 「国際経済論」、「世界の中のアジア」など
ゼミテーマ 国際・アジア経済に関わるテーマ

著作・活動

主な著書・論文
著書
  • 『アジアダイナミズムとベトナムの経済発展』(共著、文眞堂、2020年)
  • 『アウンサンスー・チー政権下のミャンマー経済』(共著、文眞堂、2019年)
  • 『メコン地域開発とアジアダイナミズム』(共著、文眞堂、2019年)
  • 『ASEANの多国籍企業』(単著、文眞堂、2018年)
  • 『躍動・陸のASEAN、南部経済回廊の潜在力』(共編著、文眞堂、2017年)
  • Moving Up the Ladder: Development Challenges for Low and Middle-Income Asia、(共編著、World Scientific Singapore, 2016年)
  • 『ASEAN経済統合の実態』(共編著、文眞堂、2015年)
  • 『図解でわかる、ざっくりASEAN』(共編著、秀和システム、2014年)
  • 『現代ASEAN経済論』(共著、文眞堂、2015年)
  • 『概説アジア経済』(共編著、日本経済研究センター、2013年)
  • 『インドVS中国』(共著、日本経済新聞出版社、2012年)
  • 『超長期予測・老いるアジア』(共著、日本経済新聞社、2007年
  • 『ベトナムの対外関係~21世紀の挑戦」(共著、暁印書館、2004年
  • 『ベトナムを知るための60章』(共著、明石書店、2004年)
論文
  • 「新興市場多国籍企業(EMNEs)研究の新たな視座~ASEAN企業の国際化」、『専修マネジメントジャーナル』 Vol.11 No.2、 2021年
  • 「ASEANグローバル企業の国際化~フィリピンICTSI社の事例に基づく考察」、『専修マネジメントジャーナル』 Vol.11 No.2、 2021年
  • “The Preservation and Enhancement of Maritime Culture in Japan”(Nga Thi Hong Ngaとの共著)、 Vietnam Review of Northeast Asian Studies, (245)7-2021, Vietnam Academy of Social Science..
  • 「中国企業、ASEAN事業を拡大強化―懸念される日本企業の地位低下」、『国際貿易と投資』、No.124、一般財団法人国際貿易投資研究所、2021年
  • 「インドを攻めるASEAN多国籍企業」、『現代インド・フォーラム』、No.49、公益財団法人日印協会、2021年
  • 「中国企業、対ASEAN事業の動向」、『米中経済戦争・一対一路とASEAN』、一般財団法人国際貿易投資研究所、2021年
  • 「多国籍化するベトナム企業」、山田満・苅込俊二編著『アジアダイナミズムとベトナムの経済発展』、文眞堂、2020年
社会的活動/所属学会/
実務上の顕著な成果等
所属学会
  •  国際ビジネス研究学会
  • アジア市場経済学会
  •  アジア経営学会
  • アジア政経学会
講演・セミナー等
  • 「ASEANにおける中国企業の事業動向」、国際機関日本アセアンセンター、2021年9月
  • 「中国企業のASEAN事業動向」、一般財団法人国際貿易投資研究所、2021年3月
  • 「躍動するASEAN企業~多国籍化に拍車」、 亜細亜大学アジア研究所、2020年11月
  • 「タイ多国籍企業の経営動向」、国際機関日本アセアンセンター、2020年7月
  • 「コロナ後のASEAN経済と日本企業の対応」、東京都中小企業振興公社、2020年5月
  • 「越境するASEAN企業~増大する国際プレゼンス」、一般財団法人海外投融資情報財団、2019年1月
  • 「ASEAN多国籍企業との提携」、国際機関日本アセアンセンター、2019年1月
  • 「越境するASEAN企業―加速する多国籍化」、財務総合政策研究所、2018年12月
  • 「ASEAN財閥の今を知る」、公益社団法人日本経済研究センター、2018年9月
  • 「徹底討論ASEAN経済~日本企業と『陸のASEAN』」、公益社団法人日本経済研究センター、2018年7月
  • 「徹底討論ASEAN経済~日本企業のASEAN戦略」、公益社団法人日本経済研究センター、2018年5月
  • 「タイ+1の動向について~インドシナ経済の最新情勢」、大阪商工会議所、2018年3月
  • 「新生ミャンマーの今後の展望―ビジネス環境はどう変わるか」、川崎商工会議所、2018年2月