未来支援基金奨学制度:未来支援基金

奨学制度:未来支援基金

■未来支援基金の目的
近年、家庭の経済的困窮を理由に、退学あるいは除籍を余儀なくされる学生が増加しています。
<未来支援基金>は、本学へ入学の後に、家庭の事情の大きな変化(例:保護者の死亡、病気、失職等)によって経済的困窮に直面し、 学納金の納入が困難になったが、なお勉学意欲を維持し、就学の継続を希望する学生に対して、本人からの申請に基づき、 学納金の免除あるいは減額を行う目的で運用する基金すなわち当該学生の「未来」をサポートする基金です。

■対象者となる要件:以下の要件のすべてに該当する学生が対象者です。
 ①本学へ入学の後に、突然の家計の状況変化によって当該期または次期の学納金の納入が困難に陥ったこと。
 ②勉学意欲を持ち続け、就学の継続を希望すること。
 ③その時点までの学修状況が良好*で、順調に卒業可能な単位取得**ができていること。
  *GPAが2.5以上であること。
  **取得単位数が以下の基準以上であること。
    1年次前期修了時:10単位  1年次後期修了時:30単位
    2年次前期修了時:50単位  2年次後期修了時:70単位
    3年次前期修了時:90単位  3年次後期修了時:100単位
    4年次前期修了時:110単位
  ※卒業延期(4年次留年)となった学生は申請資格を失う。

■ 学納金の減免額
 ● 本人からの申請に基づき、学長の下に設置される審査委員会が決定します。
 ● 1年間の学納金(約100万円)を上限とします。
 ● 次学期あるいは次年度に重ねて申請することを認め、また、あらかじめ次年度の更新を申請することも可とします。

[PDF]名古屋経済大学大学院・名古屋経済大学の経済的に修学困難な学生に対する学費減免型奨学金支給規程
[PDF]給付型手続きフローチャート

<学生お問い合わせ先>

◎この基金による支援(学納金の免除または減額)を希望する学生は、
 学務総合センターの学生支援担当、もしくは所属するゼミの担当教員に申し出てください。

お問い合わせ先

学校法人市邨学園 本部(寄附金担当)Tel:(052)853-0047   
〒467-8558 名古屋市瑞穂区高田町三丁目28番地の1
【email】i-gakuen_kifu@nagoya-ku.ac.jp

名古屋経済大学 総務部経理担当 Tel:(0568)67-0616   
〒484-8504 愛知県犬山市内久保61番1