大学院会計学研究科

MBA in Accounting
MBA修士(会計学)を取得しよう!

本大学院の出身者から
東海地区屈指の250名の税理士が誕生しています

※修士(会計学)は、修士(経営学)と同類です

税理士試験科目は、会計に属する科目2科目(簿記論、財務諸表論)および税法に属する科目9科目の合計11科目あります。このうち会計2科目および税法3科目(所得税法または法人税法を含む。)の合計5科目に合格することが必要です。税理士試験は科目合格制度を採っていますので、一度合格した科目は生涯有効です。
本大学院会計学研究科において会計学科目を専修し、修士論文審査に合格すると、会計2科目のうち免除申請した科目が免除されます(ただし、他の1科目を受験し、合格していなければなりません。)。これまで本大学院修了生の免除申請は100%認められています。本大学院から約230名の税理士を輩出しており、東海地区の税理士業界における一大パワーとなっています。

多彩な経歴をもつ教授陣

通学に至便な名古屋駅近くの名駅サテライトキャンパスで、税理士有資格者を含む多彩な経歴を持つ教授陣があなたを迎えます。

入学資格として出身学部を問いません

本研究科は、入学資格として出身学部を問いません。学部新卒者、会計事務所や民間企業で働く社会人・職業人、定年退職者、外国人留学生など、あらゆる世代の実に様々な層の院生が共に研鑽しています。なお、社会人・職業人で仕事の関係上2年間では修学できない方のため、長期履修制度がありますので、詳細は本大学院名駅サテライト事務部までお問い合わせください。

税理士志望コース

本研究科では税理士志望者の要望に応えるべく、“税理士志望コース”を設けて税理士試験科目免除のために、懇切丁寧な修士論文の執筆指導を行っているほか、基礎的な学習についてのサポートも十分です。ほとんどの授業は、平日18時以降と土曜日に開講されています。

修士論文のテーマ

したがって、これまでの修了生が執筆した修士論文のテーマも次のように多彩です。

留学生もMBAを修得しやすいコース設定とフォローアップ体制

経営コース

留学生のために、税理士志望コースだけでなく、“経営コース”も設定されています。

留学生の方へ

留学生のための助成、奨学金も充実しています。

博士号Ph.D.(Doctor of Philosophy)を取得しませんか!

税理士・公認会計士の皆さん、多くの社会人の皆さん、3年間で博士(会計学)号の取得も夢ではありません。本研究科の会計学専攻博士後期課程を修めることにより、取得しやすくなっています。

入学相談会も実施しています!

本研究科入学のための相談会も実施しています!

名駅サテライトキャンパス
法学研究科・会計学研究科

名駅サテライトキャンパス外観

犬山キャンパスの他に名古屋市の名駅サテライトキャンパスを設置。

昼夜開講制を導入し、社会で働く方が学びやすい体制作りを進めて、通いやすく、学びやすい教育環境を築いています。
名駅サテライトキャンパスは名古屋駅から徒歩5分の立地。地下道を通れば雨の日も傘が不要です。

大学院入試に関するお問い合わせ

大学院入試に関するお問い合わせは、入試広報部」までお願いいたします。(受付時間:平日 9:00~17:00)