名古屋経済大学・名古屋経済大学短期大学部及び大学院で利用できる奨学金制度 | 名古屋経済大学

学生サポート

奨学金について

返還不要の給付型!! 自らの力で未来を切り開いていくあなたに 名経大の奨学金(入試時)

資格取得特待制度 [奨学金(給付型)]

名古屋経済大学では、「自らの力で未来を切り開いていく」意欲のあるあなたが、勉学に励み、安定した学生生活をおくるための支援として、「資格取得対象者の授業料全額免除の制度」を設けています。

この制度は、日商簿記2級、全商簿記1級、英検(実用英語技能検定)2級の取得者が対象となります。

1)出願時に資格取得の申請をし、資格証明書(コピー可)を提出後、本学が実施する入学試験に合格すると資格取得特待対象者となり、授業料が全額免除されます。

または、

2)本学が実施する入学試験に合格後、高校在学中に資格を取得した方は、資格証明書を提出し申請することにより、資格取得特待対象者となり、授業料が全額免除されます。

本学が実施するすべての入学試験が対象となります。

卒業までの授業料(最大256万円)免除 ※1

学部・学科 通常の学納金 資格取得特待対象者卒業までの学納金
経済学部
経営学部
法学部
人間生活科学部 教育保育学科
約444万円 約202万円
(約242万円の免除)
人間生活科学部 管理栄養学科 約476万円 約218万円
(約258万円の免除)

※1 … 2年次以降の授業料免除条件は前年度における一定基準を条件とします。

成績優秀者優遇制度 [奨学金(給付型)]

プラチナ特典 Ⅰ 優遇内容

プラチナ奨学生選抜試験で高得点を収めた方。

入学金+卒業までの学納金 ※1(最大436万円)免除 ※2

学部・学科 通常の学納金 プラチナ特典対象者卒業までの学納金
経済学部
経営学部
法学部
人間生活科学部 教育保育学科
約444万円 約24万円
(約420万円の免除)
人間生活科学部 管理栄養学科 約476万円 約38万円
(約438万円の免除)

※1 … 学納金とは、授業料、施設整備費、維持費、教育充実費の総称です。
※2 … 2年次以降の学納金免除条件は前年度における一定基準を条件とします。

プラチナ特典 Ⅱ 優遇内容

一般前期A日程(2科目コースのみ)、センター利用入試のいずれかの入試で高得点を収めた方。

入学金+卒業までの授業料(最大278万円)免除 ※1

学部・学科 通常の学納金 プラチナ特典対象者卒業までの学納金
経済学部
経営学部
法学部
人間生活科学部 教育保育学科
約444万円 約182万円
(262万円の免除)
人間生活科学部 管理栄養学科 約476万円 約198万円
(278万円の免除)

※1 … 2年次以降の授業料免除条件は前年度における一定基準を条件とします。

返還不要の給付型!! 自らの力で未来を切り開いていくあなたに 名経大の奨学金(在学中)

この奨学金は、学業、スポーツ、課外活動等において、チャレンジするあなたを応援するために設けられた制度です。

学生の頑張りを支援する奨学金

奨学金名 人数 期間 金額 条件等
学業成績優秀者奨学金 大学 各学部学科 3名 1年 1位:20万円
2位・3位:各5万円
大学:各学部1年次~3年次の学業成績最優秀者
短大 3名 短大:1年次の学業成績最優秀者

学術・文化及びスポーツで頑張る学生に対する奨学金

奨学金名 人数 期間 金額 条件等
学術・文化及びスポーツ等優秀者奨学金 若干名 1回限り 最優秀賞:10万円~50万円
優秀賞:5万円~10万円
奨励賞:1万円~5万円
学術・文化及びスポーツの分野において、特に顕著な成績をあげた個人および学内団体

資格を取得した学生に対する奨学金

奨学金名 人数 期間 金額 条件等
資格取得・検定合格者奨学金 制限なし 在学期間中 60万円 「公認会計士試験」に合格した者
40万円 「司法書士試験」「税理士試験(全科目)」に合格した者
20万円 「行政書士、社会保険労務士、税理士試験(科目合格に合格した者
10万円 「日商簿記1級、英検1級、TOEFLiBT106点以上、TOEIC945点以上」に合格した者
2万~6万 別記※資格試験に合格した者
奨学金名 人数 期間 金額 条件等
検定試験受験奨励金 制限なし 在学期間中 受験料の全額 MOS(スペシャリスト、エキスパート)試験に合格した者
受験料の一部 本学の指定する資格試験に合格した者

学外の奨学金・ローン・給付金等のご案内

日本学生支援機構奨学生制度

日本学生支援機構の奨学金は、経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し貸与されます。奨学金貸与終了後は、返還の義務が生じ、必ず返還しなくてはなりません。
返還が滞ると法的手続により返還残額を一括で返すことになりますので、家庭の経済状況や自分の人生・生活設計に基づき、十分考慮の上申込をしてください。貸与・返還シュミレーションを参考にすることができます。

日本学生支援機構奨学生制度について詳しくはこちら

国の教育ローンについて

日本政策金融公庫が取り扱う「国の教育ローン」を利用することができます。
申込希望者は日本政策金融公庫の各支店、または各金融機関にお問い合わせ下さい。

その他の制度



↑pagetop