大学院

人間生活科学研究科/幼児保育学専攻

現代の保育・教育現場の諸問題を
解決できる人材を育成。

子どもを取り巻く環境の急激な変化に対応するため、現代の保育・教育現場の諸問題を把握して解決できる専門性の高い保育士や、高い資質を備えた幼稚園教諭、小学校教諭を育成します。また、大学院で学び直しを希望する短大卒の保育士や幼稚園教諭をサポートします。

特長

1.今、求められる「高度専門職業人」の養成

「保育と教育」に対するニーズも多様化・複雑化しています。理論と実践の融合を意識したカリキュラムにより、現代的諸問題を探求し、解決できる人材を徹底した個人指導で養成します。そのための発達臨床センターも附設しています。

2.修士(保育学)を取得

保育と教育の体系的なカリキュラムと臨床実践の場を用意して、より高度な理論と実際を学んでいきます。

3.幼稚園教諭・小学校教諭の専修免許状取得をめざす

幼稚園一種免許状を基礎として、また小学校一種免許状を基礎として、取得をめざします。

カリキュラム

目指せる進路
  • 保育士、幼稚園教諭
  • 幼稚園教諭(専修免許状)
  • 小学校教諭(専修免許状)
  • 教育、児童福祉関連の行政職

4.社会人・職業人のための特別入学試験、柔軟な時間割、長期履修学生制度を導入

・短大卒の保育士や幼稚園教諭でも本学が定めた基準を満たせば、受験することができます。
・忙しい社会人・職業人のために柔軟な時間割を作成しています。
・本学人間生活科学研究科(修士課程)は、標準の2年間で単位を修得し修了することを目指す大学院ですが、長期履修学生制度を利用した場合は、3年間で科目を履修し修了することが認められます。