大学案内

教員紹介

小川 哲司

Tetsuji Ogawa

所属 経営学部 経営学科
職名 准教授 ・ 情報センター 副情報センター長
学位 博士(情報学)、MBA
専門分野 経営情報、情報システム
研究室 8号館 7階 8710室
E-Mail

ogawate◆nagoya-ku.ac.jp  ※「◆」を「@」に変えてお使いください。

最終学歴 2019年 静岡大学創造科学技術大学院 自然科学系教育部 情報科学専攻 博士後期課程修了
略歴(職歴) 2002年 株式会社NTTドコモ(~2019.3)
2019年 名古屋経済大学 経営学部 准教授(現在に至る)

教育・研究テーマ

研究テーマ ・ICT(情報通信技術)のビジネスへの実装
・情報システムとデジタル・トランスフォーメーションの関係性
・ビッグデータ解析を通じた意思決定支援
・ソーシャル・イノベーションにおけるICTの役割
担当科目 情報システムの理論と実際、経営情報論、情報通信ネットワーク、メディア表現、情報処理特論、地域情報論、情報科教育法Ⅱ、体験型プロジェクト、基礎演習Ⅱ、専門演習Ⅰ、専門演習Ⅱ、卒業研究
ゼミテーマ オープンデータを活用したPBL型授業、ICT(情報通信技術)に注目をした経営戦略分析、ICT(情報通信技術)を活用した地域課題解決の検討

著作・活動

主な著書・論文
研究論文
  1. 小川哲司, 遊橋裕泰, 西垣正勝 (2016.8) 東北地域住民の良心が支えるICT買物支援ビジネス, モバイル学会誌 Vol.6 No.1.,pp.11-16. <査読有>
  2. 小川哲司, 遊橋裕泰, 西垣正勝(2017.3)ソーシャル・イノベーションをもたらすICTの役割-ビジネスプロセス視点による比較事例分析-, 経営情報学会誌Vol.25 No.4.,pp.271-292. <査読有>
  3. Ogawa, T., Yuhashi, H., Nishigaki, M. (2017.06) An ICT Use Case of Social Business Based on Business Model Perspective, International Telecommunications Society The14th ITS Asia-Pacific Conference (ITS Kyoto 2017), No. 86, Kyoto, Japan. <査読有>
  4. Ogawa, T., Yuhashi, H., Nishigaki, M. (2017.07) Social Innovation Based on the Business Process Perspective: A Case Study of an Unattended Movable Store, Proceedings of the 21th Pacific Asia Conference on Information System (PACIS 2017), No. 163, Langkawi, Malaysia. <査読有>
  5. Ogawa, T., Yuhashi, H., Nishigaki, M. (2017.12) Strategic ICT Use for Social Innovation: A Case Study of “Irodori”, International Journal of Japan Association for Management Systems, Vol. 9 No.1, pp. 29-34. <査読有>
  6. 小川哲司(2020.3)移動体通信ネットワークの技術進化に伴うマルチメディア化とコミュニケーションの変化, 経済経営論集,Vol.27 No.2.,pp.1-9.
  7. 小川哲司(2020.10)地域活性化における地方金融機関とFinTechの役割 : 飛騨信用組合の事例分析, 経済経営論集,Vol.28 No.1.,pp.11-17.
  8. Ogawa, T.(2020.12) Factors That Hinder Digital Transformation: A Comparison of Japanese and American Companies, International Journal of Japan Association for Management Systems Vol.12 No.1., pp.59-63. <査読有>
  9. 小川哲司(2021.3)情報科教職課程におけるルーブリックを活用した指導法に関する考察, 経済経営論集 Vol.28 No.2., pp.10-15.
  10. 小川哲司(2021.5) 大規模災害被災地域における情報ニーズとコミュニケーションの実態 -福島県富岡町の事例分析-, 日本都市学会年報 Vol.54., pp231-239.
  11. 小川哲司(2021.10) 機械学習を用いた進路意思決定支援レコメンドシステムの開発と評価, 経済経営論集 Vol.29 No.1., pp.1-8.
社会的活動/所属学会/
実務上の顕著な成果等
所属学会
  • 経営情報学会
  • モバイル学会
  • 日本情報経営学会
  • 日本都市学会
学会発表
  1. 小川哲司, 遊橋裕泰(2016.3)東北地域住民の良心が支える ICT 買い物支援ビジネス, モバイル学会シンポジウム「モバイル’16」, 1126.
  2. 小川哲司, 遊橋裕泰, 西垣正勝(2016.9)市場支配力を高めるいろどりのICTソーシャルビジネス, 経営情報学会2016年秋季全国研究発表大会, E1-2.
  3. 小川哲司, 遊橋裕泰, 西垣正勝(2017.3)ソーシャルビジネスにおけるICT特性-ビジネスプロセス視点による事例分析- , 経営情報学会2017年春季全国研究発表大会, B3-3.
  4. 小川哲司, 遊橋裕泰, 西垣正勝(2017.9)ソーシャル・イノベーション創出プロセスにおけるソーシャル・キャピタルの影響 , 経営情報学会2017年秋季全国研究発表大会, D3-4.
  5. 小川哲司, 遊橋裕泰(2019.6)ICTを活用したソーシャル・ビジネスの経営戦略, 日本情報経営学会 第78回全国大会
  6. 小川哲司, 遊橋裕泰(2019.6)ICTを活用した地域課題解決メカニズムに関する考察, 経営情報学会2019年春季全国研究発表大会, 1B1-2.
  7. 遊橋裕泰, 小川哲司(2019.6)ソリューションビジネスにおける人間関係に着目した協働ネットワーク分析 , 経営情報学会2019年春季全国研究発表大会, 1E1-3.
  8. 小川哲司(2020.11) 大規模災害被災地域におけるコミュニケーション実態に関する考察 -福島県富岡町の事例分析-, 日本都市学会2020年度大会, ⅴ-1.
受賞等
  • モバイル学会 田村博研究奨励賞・最優秀賞(2016.3)
  • 経営情報学会 経営情報学会論文賞(2017.9)
社会活動
  • 講演「復興支援(結の場)での取り組み」, 復興庁(2013.9)
  • モバイル学会 シンポジウム「モバイル’18」実行委員(2018.3)
  • 経営情報学会 「2019年度秋季全国研究発表大会」実行委員(2019.10)

学生へのメッセージ

皆さんは大きな可能性を秘めています。学生時代に多くの挑戦をすることや人や本と出会うことで、大きく成長します。是非、学生時代に多くの経験をして、社会に羽ばたいてください。