在学生の方へ

〈通信系サポート〉

SNSガイドライン

SNS投稿するときに気を付けたいこと!

 SNS(ソーシャルメディア)にはみなさんの家族や友人・知人だけでなく、あなたの知らない様々な価値観を持った人がたくさんいることを忘れないでください。あなたの発言が誤解を招くこともあり、知らない人を傷つけることがあるかもしれません。一度SNS上に投稿した内容は完全には削除できない可能性があります。投稿する前によく考えてから投稿してください。 

著作権・肖像権に配慮しましょう!

他人が写っている写真を投稿する際には十分注意しましょう。写っている人たちの許可なくその写真を公表すると、肖像権の侵害により損害賠償を求められる可能性があります。また有名人等の場合には、パブリシティ権という権利があり、取り扱いに注意が必要です。

文章や写真、音楽などの著作物に関する権利は、著作権者だけが持っています。あなたがこれを複製や転載、改変したりする場合は、著作権者の許諾が必要となります。以下のような利用は著作権の侵害にあたりますので絶対にしないでください。

  • 他者のホームページや電子掲示板に掲載されている文章や写真などを無断転載すること。
  • 書籍、雑誌、新聞などの記事や写真を無断転載すること。
  • テレビやビデオから取り込んだ画像やデータを無断掲載すること。
  • 芸能人や著名人の写真や、キャラクターの画像データを無断掲載すること。
  • 音楽や歌詞またはCDなどから取り込んだデータを無断掲載すること

秘密は守りましょう!

大学での研究上の秘密・職務上の秘密、インターンシップやアルバイトを通して知り得た機密情報等、不適切な情報は発信しないでください。不適切な発信により損害賠償を求められる可能性があります。

嘘や不確かな情報は流さないようにしましょう!

投稿する前にその内容に虚偽がないことを確かめてください。確認できない場合は投稿するのをやめましょう。また、SNS上の情報はすべて正しいものとは限りません。情報元を確認しないで誤った情報を拡散しないようにしましょう。軽い冗談のつもりでも社会問題になることがあります。もし誤った情報を発信したと気づいた時には、それを認めてすぐに訂正してください。

誹謗中傷やわいせつな情報の発信はやめましょう!

特定の個人・団体への誹謗中傷、差別的な内容、わいせつな内容の情報を発信しないでください。名誉毀損や人権侵害につながる恐れがあります。

個人情報やプライベートな情報の書き込みは控えましょう !

他人のプライベートな情報を本人の了解なく安易に公開することは控えましょう。プライバシーの侵害により損害賠償を求められる可能性があります。ネット上に氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は極力書き込まないように心がけましょう。

ID・パスワードをしっかり管理しましょう!

ID・パスワードはしっかり管理してください。パスワードは他人に類推されやすいものは避け、可能な限り文字列を長くする、定期的に更新をするなど、他人に不正使用されることが無いように気をつけましょう。